得するコラム

あの銀行の営業員が胡散臭いわけ            

salesman

銀行や証券会社で保険や投資信託の販売をしている営業員。

みなさんは、どこか信用できない胡散臭いと感じることはありませんか。

そう感じるには、何らかの理由があるはず。今日はその理由を書きたいと思います。

 

営業員が信用できない

営業員が勧めてくる商品が本当に良いものなのかが信用できない・・・

営業員に対してこのような疑いを持ったことがある人もいるのではないでしょうか。

「わかる」と思った人は大変鋭い。

これは次のような理由から正しい疑念なのです。

それは、営業員のお仕事が「助言」ではなく「販売」であるという点。

販売とは、ある商品を売りたい人と買いたい人をつなぐことです。

つまり、会社側が売りたい(保険や投資信託などの)金融商品を買いたい人を見つけてくるのが営業員のお仕事です。

これによって、顧客がどういうニーズを持っているかに関わらず、会社側が用意している商品を勧めるということになってしまうのです。

お客さんの相談を聞いて、本当は他社の商品でぴったりのものがあると思っても、営業員は、当然に自社の商品を勧めます

また、営業員のお仕事が「販売」であることによって、顧客に対する「助言」は、「ついで」のものになってしまうのです。

営業員のお仕事は、あくまで会社側が売りたい(保険や投資信託などの)金融商品を売ること。

営業員の評価や給料もどれだけ売ったかによって決まります

そうすると、顧客への助言は、販売に付随して行われるようになるのです。

本来は顧客の話を聞いて、家計の状況家族の状況月々の収支預貯金などを総合的にみた様々な提案がなされるべきところ、自社の商品がいかにお勧めなのかを話すため、総合的ではなく都合の良い部分のみを取りあげて提案してしまう場合など・・・



金融アドバイスがちゃんと提供されるように

いかがでしたか。

みなさんも営業員に対して、どこか信用できない胡散臭いと感じることはあるのではないでしょうか。

その感覚は、正しいと思います。

ここで注意したいのは、営業員は顧客のことをよく考えていないからけしからんということを言いたいのではないということです。

営業員の行動は、自社の利潤を最大化することを目的とする企業活動として当然の行為だと思います。

しかし、このような営業が広く行われることで、日本には金融に関する助言(アドバイス)が存在しないという問題が生じていると考えているのです。

この問題に対して、どうにかしようという動きを私は応援したい。

最近では、独立系(どこか特定の会社の商品を販売しているのではないという意味)のFP(ファイナンシャル・プランナー)やFA(ファイナンシャル・アドバイザー)も増えてきているようです。

また、SNSの発達で、より顧客目線での口コミに近いアドバイスや啓発活動も増えてきているように思います。

こうした動きが今後も大きくなっていくと良いですね。