得するコラム

めんどくさがりでも貯まる!たった2つの解決策

bookkeeping

家計管理の目的4つと解決策2つ

『苦労して家計簿つけてるのに貯まらない』

『そもそも家計簿なんてつけていない』

『家計管理に自信がない』

そんな方にお話したいことです。

そもそも家計管理をする目的とはなんでしょう?

4つあります↓

4つの目的

①使いすぎない

②短期の備えをする

③中長期の備えをする

④稼ぎ方と使い方を改善する

ではこれをどうやって達成すればいいのでしょうか。

実はとっても簡単。

4つのポイントを達成するために行えばいいことは

振り分け

見える化

この2つだけです。


火傷してからでは遅い?振り分け編

振り分けは、目的のうち、

①使いすぎない

②短期の備えをする

③中長期の備えをする

のために行います。

ポイントは、

『消費』や『備え』の額を先に決める

ことです。

火傷(使いすぎ)を防ぐための家計管理なのに、火傷をしてから月末に反省しても遅いのです。

しかも、火傷が重いと数ヶ月は治療に専念しなくてはいけなくて、備えなんて言ってられない場合もあります。

振り分けはどうやってする?

給料日がきたら、月ごとの予算を文字どおりカテゴリーごとに振り分けるのですが、方法はそれぞれやりやすい形を取ればいいと思います。

例えば

現金を封筒に振り分ける

銀行の自動送金サービスを利用して口座ごとに振り分ける

などですね。

封筒で分ける場合は、手間はかかりますが、使いすぎをもっとも防げる形です。

銀行の自動送金サービスは、毎月決まった額を送金してくれるため、振り分けの手間がなくて便利です。


振り分けのカテゴリーは?

細分化したほうが使いすぎを防げる』という方もいるかもしれませんが、細かすぎると続かない場合があります。

『昼食代が足りなくて、別で振り分けた朝食代から賄った』ということがあると、朝食代・昼食代として振り分けた時間が無駄になりますし、守れなかったストレスも感じてしまうかもしれませんもんね。

お金との付き合いはずっと続くのです。

ストレスになる・時間がかかる カテゴリー分けは避けましょう。

健康も時間も立派な財産なので、目的を果たせるなら最低限で全く問題ありません。楽をしちゃいましょう。

 

最低限のカテゴリーとは?

■生活費

■短期の備え

■中長期の備え

最低限のカテゴリーのままでもヨシ、これをベースに生活スタイル・家族構成によって更に細分化するもヨシ、です。

kakei

とにかく、この振り分けするだけで、目的の

①使いすぎない
②短期の備えをする
③中長期の備えをする

は達成されます。


ココが甘いと家計は痛み出す

短期の備えはとても重要です。

短期の備えが甘かったために、生活費や中長期の備えが痛み出すことがあるからです。

急な冠婚葬祭、急な家電の不調……

これに対処するために生活費を削ることは無理ですね。

さらに、中長期の備えは、『時間という武器を使って備える』ことが大切ですから、そこを取り崩すのは金額以上に損を被るのです。

なので、繰り返しになりますが、短期の備えはとても大事。

必ず生活費と別口で備えましょう。

余裕がない方は

「短期の備え」を優先的に貯めましょう。

ある程度貯まったら、中長期の備えに移行すればいいのです。

短期の備えの貯め方

引き出すのに一手間かかる定期預金を利用するのがベストでしょう。

■定期預金とは

「簡単に引き出せない分、少しだけ利率がいい」預金。

元本割れはしませんが、設定した満期より早く解約すると、”少しだけいい”利率は適用されません。

今のご時世、定期預金を途中解約しても影響はほぼなしです。
ここでは「簡単に引き出せない」というメリットを狙っていきましょう。

お給料日に自分で定期預金を組む(スマホで3分程度)のもありですが、手間がかからないので定期預金の自動積立サービスが便利です。

■定期預金お自動積立サービスとは

毎月決められた日決められた額自動で積立てくれるサービス

積立は自動ですが、引き出すのに一手間いるので、『毎月、気づけばお金が無くなっている』方が短期の備えをするのに特にオススメ

額は毎月5,000円からでもいいのです。とにかく備えることが大事。

最低でも20万円貯まるまで、短期の備えへの振り分けは続けましょう。

ある程度貯まったら、「短期の備え」へコンスタントに振り分けるのをストップ、もしくは毎月1万円用意していたのを1,000円にするなどに変えて、『取り崩したら補充』という形でもいいと思います。



中長期の備えの貯め方

こちらは主に教育・老後にかかる費用を備える項目ですが、何よりも武器になるのは時間です。

金融庁も勧める、長期・積立・分散投資をして資産形成をしましょう。

投資は怖いものではありません。

投資をしない方がリスクです。

投資初心者の方は、500円でもいいので投資信託を毎月積立てみてはいかがでしょうか。

人生100年時代、お金にも働いてもらう時代です。

 

時に家計簿は必要はない!見える化編

解決策2つめの『見える化』

これは最初に挙げた目的の4つめ

稼ぎ方と使い方を改める = 改善

のために行います。

家計簿にありがちな『つけて満足』をしないのがポイントです。『改善』につなげてこその家計簿です

家計簿カケイボと言っていますが、日付も1円単位でつける必要もありません。

会社ではないので、帳簿と実際のお金が数百円違っても何も問題ではないからです。

また、自分さえわかれば何も問題ありません。

実際に、筆者の家計簿?は全くインスタ映えしないこんな感じ↓

kakeibo

ご覧の通り、iphone純正のメモです。

流れとしては・・・

①レジ待ちの間に使った額を記載(10円単位)

②月の終わりに何にいくら使ったかを把握

③数ヶ月続けて消費の傾向をつかんだり改善をする

これで、『日用品費が高い』などと気づけたら、「日用品はネットで訳あり商品をまとめ買いする」などと具体的な行動に落とし込みましょう。

そこまでして、「もう改善点はない」となったら、家計簿はつけなくてもいいかもしれません。 

もちろん、「丁寧につける」「ずっと続ける」に越したことはありませんが、忙しいワーママやサラリーマンの時間はとても貴重です。

家計簿が趣味とかでなければ、家計管理にかける時間は最低限にして、出来た時間は子供との時間や自己投資に使いましょう。

面倒くさがりの家計簿

■1円単位でつける必要はない
■何月に使ったかがわかれば日付も必要ない
■改善をし終わったら続ける必要もない
■空いた時間は有意義に過ごす



最後に

家計管理をしていない
家計管理をしているのに家計が改善しない
家計管理が時間的に負担になる

に当てはまる方は、
管理の仕方を見直すチャンス
です。

まずは【短期の備え】として5,000円でもいいので定期預金の自動積立サービスを設定して、

さらに余裕があるなら【中長期の備え】として500円でもいいので投資信託を自動積立してみてはいかがでしょうか。

残りは生活費として使い、その使い方を見直すために、“面倒くさがりの家計簿”をつけましょう。

これを実践するだけで、数年後に何十万、何百万・・

老後まで考えたら1,000万単位で違ってくるかもしれません。

始めるなら今です。

 

ABOUT ME
miniko
Instagramにお金の話を投稿し始めて9ヶ月 フォロワー2.7万人達成! ■元為替ディーラー(銀行員) ■元運用会社(リスク管理部門) ■証券アナリスト1次(2次は取ってません?) ■FP ■金融工学専攻 ■デリバティブ開発 ■アプリ開発 ■0歳児ママ 「本当に役に立つ金融教育」「投資信託」の普及に力を入れています。