得するコラム

金融庁が動画出しているの知ってる?youtubeで金融教育

faschannel

faschannel

金融庁がyoutube?

あるんです。

チャンネルまでちゃんとあるんです。

その名も金融庁チャンネル

すごいそのままだ・・・

金融庁の動画専用ページはこちら国民の資産形成促進のためのビデオクリップ教材

動画の要約

現在、主な動画は3つ。忙しくて見れない方のために、簡単に要約してみました。

動機編

若者たちに資産形成の大事さを気づかせるインタビュー式の動画です

投資は?

若者たち「してない」「やらない」「リスクが高いイメージ」「ギャンブルと同じ」「私には無理」

貯蓄は?

若者たち「してる」「できてない」

夢は?

若者たち「結婚・子供・車・起業・旅行」

その夢のためにはいくらいる?その額って現実的?

若者たち「げっそり・・・」「無理そう・・・」

自分の人生を経営視点でみよう。会社は成長のために投資する。あなたも未来のために資産形成しよう

という流れになっています。

感想漠然とお金に向き合っている若者に、ある意味、現実をつきつける動画です。
当たり前にできそうなことや夢を考えると、このままではダメ・・・
投資はギャンブルなんて言ってないで企業のように投資・資産形成しないと・・!と思わせます。

 



知識編

長期・積立・分散投資の利点を理解させてくれる動画です

導入部分

優れた経営者達は、環境に合わせて事業を通じて会社を成長させる。

あなたも経営視点で同じように資産形成しよう。

 

長期・積立・分散投資の説明部分

投資のリスクとリターンは表裏一体。

リスクを抑えながら安定してリターンを得るには?

長期・積立・分散 投資をすること。

長期投資をして、値動きに一喜一憂せずリターンを再投資していけば元本は少しずつ増える。

さらに、積立投資をすれば、安い時に買いそびれたり、高い時にたくさん買ってしまう・・なんてことは無いし、少額から、仕組み化して投資ができる。

また、分散投資をすれば、1つの資産のみに投資をしてリスクが高まることも無い。同時に地域も分散すれば、世界経済の成長を取り込み、より安定的にリターンを取り入れられる。

 

締め部分

働いて得たお金にも働いてもらおう

そして、あなたのお金の働きは、世の中に貢献することでしょう。

感想長期・積立・分散投資のメリットについて、流れるようなわかりやすい動画ですね。
経営に例えたり、投資の社会貢献性を訴えたり、投資の「危険」というイメージを払拭しようという想いが見えます・・!



制度編

税制優遇制度のついてまとめられた動画です

導入部分

長期・積立・分散投資ができる制度は2つ

■つみたてNISA

■確定拠出年金

ともに、投資で得た利益に通常かかる約20%の税金が0となる制度

つみたてNISA説明部分

小額から始められる

法令で、長期・積立・分散投資に適した低コストな投資信託が対象となっている

枠は40

最長20

一般NISAとの併用はできないが、年ごとに選択可能

既に一般NISAで投資している方は、切り替えたとしても保有銘柄を売却する必要はない

20歳以上なら誰でも可能引き出しは自由

確定拠出年金(DC)部分

■個人型の「iDeCo」と企業型の「企業型DC」がある

■年金を自助努力で貯めることを助ける制度

■iDeCoは加入者が、企業型DCは事業者が掛け金を拠出

■対象商品は投資信託・保険・定期預金

■掛け金が全額所得控除 + 運用益非課税 + 受け取り時も控除を受けられる

■企業型DCとiDeCoは併用できない企業があるが、似たようにマッチング拠出という制度を採用している企業もある

■60歳まで引き出しができない

感想
制度の説明をギュッと押し込んだ動画です。注意点やメリットなど、全てがここに凝縮されているのでは無いでしょうか・・・!筆者のインスタグラムを見ていただいている方なら、お馴染みの内容もあったかと思います。改めて、DCの節税効果がすごいという点を感じますね



最後に

投資の危険というイメージを払拭しようという思い・それをバックアップするという思い、が動画から見て取れますね。

実際はセカンダリーなので、直接企業へ貢献!というわけにはいかないのかもしれませんが、国民の投資への働きがエンジンとなって日本の経済成長につながれば理想的なのかもしれません。

ABOUT ME
miniko
✎︎元為替ディーラー(銀行員) ✎︎元運用会社(リスク管理部門) ✎︎証券アナリスト1次(2次は取ってません?) ✎︎ FP 生まれてくる娘のため、賢い金融との関わり方を模索中です。