家計管理

【14社料金比較】安い格安simは?どれが向いてる?

みにお
みにお
支出を見直して理想と比較したら、通信費が高かったよー

前回の記事はこちら↓
【ズボラ向け】2つの方法で家計を把握!
【理想と比較】割合で見る!理想と我が家の家計の差は?

みにこ
みにこ
では、格安simの価格を会社やプランごとに見ていきましょう。各社のプラン内容や料金体系などをよく理解した上で契約をすることが大切です。ケース別におすすめの格安sim会社やプランを紹介します

あわせてこちらの記事も↓
大手3社からの乗り換え手順とは?

【データ容量別】料金比較リスト

大変見にくくて恐縮ですが、各格安sim会社の料金をデータ容量ごとにリスト化してみました。

simlist1 simlist2 simlist3

結局どれがいい?

■『とにかく安く使いたい』『Wi-Fi環境で過ごすことが多い』方

とにかく安い料金でスマホを持ちたい、自宅や職場などWi-Fi環境がある場所で過ごすことが多いので、毎月のデータ容量は少なくても大丈夫、という方におすすめなのが、

b-mobile
エキサイトモバイル
AEON Mobile
DMMモバイル

です。

b-mobileエキサイトモバイルの格安simは利用したデータ容量に応じて利用料金が変わるプランの取り扱いがあるので、合理的な利用ができますし、AEON MobileDMMモバイル1GBを定額で利用できるプランが業界最安水準となっています。

みにお
みにお
僕は『毎月のデータ利用量が1GBで足りている』し、『高速データ通信は必要ない』から、ここの中から選ぼうかなー

ちなみに、2019年4月時点で最安値なのは、b-mobileの990JUST FIT SIMを契約し、月間のデータ容量が~1GBまで、というケースです。この場合の月額利用料金は990円+税となります。

■『大容量の通信をするヘビーユーザー』の方

毎月利用するデータ容量が多いヘビーユーザーにおすすめなのが、

楽天モバイル
DTI SIM
U-mobile

です。

楽天モバイルのスーパーホーダイというプランは一ヶ月あたりに利用できる高速データ通信が決まっていますが、データ容量を使い切った後でも混雑時を除き、最大1Mbpsの速度で引き続き通信ができます

みにお
みにお
1Mbpsの速度があれば、動画の再生を含むブラウジングやゲーム、ビデオ通話などはストレスなく出来そうだね!

またDTI SIMU-mobileでは定額料金でLTE通信がし放題のプランがあります。LTE通信が使い放題のプランは利用する時間帯によっては通信が不安定になることがありますが、データ容量の残りを気にせず、ストレスフリーでスマホを使えるようになります。

■『初めての格安simだからとにかく安心が優先』という方

初めて格安simへ乗り換えをする場合、サポート面などで不安を感じる方も多いでしょう。そんな場合でも安心して乗り換えができる格安simとしておすすめなのが、

Y!mobile
UQmobile
mineo

です。

3社とも全国の主要都市などにオフィシャルショップを展開していて、大手キャリアのように、実店舗で契約や機種変更などの手続きをしたり、アフターフォローを受けることが可能です。

みにこ
みにこ
Y!mobileはソフトバンクのサブブランド、UQmobileはauのサブブランドで、さらに基本プランの中に無料通話分が最初から含まれています。音声通話機能をよく利用する方も安心して利用できますね。

一方のmineoはdocomo回線・au回線・ソフトバンク回線の取り扱いがあるトリプルキャリアに対応しているので、大手キャリアから端末を流用して乗り換えがしやすいですし、「マイネ王」という独自のコミュニティサービスの利用ができます。

みにお
みにお
「マイネ王」はユーザー同士でサポートし合ったり、データ通信量のシェアができるんだよね。すごいと思うなー

■『iPhoneをセットで購入したい』方

大手キャリアから格安simに乗り換えるにあたって、新しくセットで端末を購入するケースは多々あるかと思います。
実は、主要な格安sim会社ではSIMフリーのスマホをセットで販売していますが、取り扱いライセンスの問題などからその殆どがAndroidスマホとなっています。

iPhoneはAppleの公式オンラインストアからSIMフリーモデルが購入できますが、SIMフリーモデルを購入した場合には、初期セットアップやApple Care+などの加入手続きを自分で行わなければならないため、格安sim初心者にとっては不安を抱く点かもしれません。

そんな『乗り換えと同時にiPhoneを購入したいけど、設定に自信がない』という方におすすめなのが、

Y!mobile
UQmobile
BIGLOBEモバイル
LINEモバイル

です。

iPhoneは取り扱いライセンスの取得が厳しいのですが、Y!mobileLINEモバイルはソフトバンクのサブブランドですし、UQmobileBIGLOBEモバイルはauのサブブランドということもあって、これらの格安sim会社では国内正規品のiPhoneがセットで購入できます。

■Y!mobileではiPhoneSE・iPhone6s・iPhone7

■LINEモバイルではiPhone6s

■UQmobileではiPhone6s・iPhone7

■BIGLOBEモバイルではiPhone7

の取り扱いがあります。(2019/4時点)

最新のiPhoneの取り扱いこそありませんが、安心して新品のiPhoneをセット購入したい場合にはこれらの格安sim会社を選ぶ良いでしょう。

■『家族でお得に利用したい』方

単身での利用ではなく、家族単位で格安simに乗り換えをしてお得に使いたいと考える人におすすめなのが、

Y!mobile
UQmobile
IIJmio

です。

Y!mobileUQmobileには家族割引サービスがあり、2回線目以降の契約回線の基本使用料がずっと毎月500円割引で利用ができます。

みにこ
みにこ
家族割引を利用すればY!mobile・UQmobile共に契約から最初の1年間、2回線目以降のスマホを月額1,480円~利用できるのでかなりお得になります。

一方のIIJmioですが、12GBのデータ通信量を10枚のsimでシェアできるファミリーシェアプランが用意されています。

Y!mobileUQmobileの家族割引サービスは音声通話SIMの契約が必須ですが、IIJmioのファミリーシェアプランは、音声通話simだけでなくデータ通信専用simやSMS機能付きデータsimでもシェアができるので、『090や080から始まる電話番号は要らないからよりお得に使いたい』というケースに最適です。

みにお
みにお
スマホの他に、タブレットとモバイルルーターを使ってるから、それに利用してもいいねー!

■『YouTubeを見ることが多い』『SNSを利用することが多い』方

スマホでYouTubeを見たり、SNSを利用することが多い方におすすめなのが、

DTI SIM
 LINEモバイル
BIGLOBEモバイル

です。

DTI SIMでは通常のプランに加えて『20’sSIM』というプランが有るのですが、このプランではYouTubeやTwitterのサービスがカウントフリーとなっていて、これらのサービスを利用してもデータ容量が消費されません。

みにお
みにお
YouTubeもTwitterも実質的に無制限に使えるってことだね・・!

また、LINEモバイルではすべてのプランでLINEの無料通話やビデオ通話、メッセージの送受信がカウントフリーです。LINEに加えてInstagram・Twitter・FacebookなどのSNSもカウントフリーとなる『コミュニケーションフリープラン』や『MUSIC+プラン』という上位プランも用意されています。

みにこ
みにこ
スマホではSNSの利用がメインという方は、LINEモバイルに乗り換えをすれば絶大な節約効果が期待できます。

BIGLOBEモバイルの『エンタメフリー・オプション』という月額480円で利用可能(音声通話SIMの契約者)なプランでは、オプションでYouTube・AbemaTV・LINE MUSIC・radiko・Facebook Messengerなどのアプリがカウントフリーとなりますので、これらの利用がメインの方にオススメです。

まとめ

ひとえに格安simと言っても各社ごとに料金体系には大きな違いがありますし、プラスアルファの付加価値があるなど、各社ごとに独自の工夫をこらしてサービス展開していることがおわかりいただけたかと思います。
『格安simに何を求めるか』や『自分のライフスタイル』などをよく考えてから格安simへ乗り換えることで、より満足のいく格安simライフを送れるでしょう。

あわせてこちらの記事も↓
大手3社からの乗り換え手順とは?

その他の固定費見直し↓
【保険の見直しSTEP1】3つの公的保障を知ろう!
【習い事】平均はいくら?大切な考え方とは?
電気代が10万以上安くなる?節約術9選
【ガス自由化】ガス代が安くなる?ガス会社の乗り換え方法

ABOUT ME
miniko
Instagramフォロワー5万人・アルゴリズムを用いた為替取引を行っていた元為替ディーラー銀行員です。 ■元為替ディーラー(銀行員) ■元アセマネ(リスク管理部門) ■証券アナリスト1次(2次は取ってません) ■FP ■金融工学専攻 ■デリバティブ開発 ■アプリ開発 ■0歳児ママ 「本当に役に立つ金融教育」「投資信託」の普及に力を入れています。
error: Content is protected !!