家計管理

家計管理に対する想い

kakeikannri1
みにお
みにお
家計管理を頑張りたい!
みにこ
みにこ
この記事は『10年後の資産を変える家計管理』シリーズ』のプロローグです。
みにお
みにお
なんだか大げさだし臭いなぁ・・・
みにこ
みにこ
それは自覚ありです。でも、家計管理と資産形成は時間が武器なのです。是非このシリーズをご一読いただいて、少しでもやってみようかなと思っていただけると嬉しいのです。

次の記事はこちらです↓
『貯める』『続く』ための3つの考え方

母と鯉のぼりとお金と

突然ですが、私の弟はあまりワガママを言いません。

そんな弟が小さい頃、友達の立派な鯉のぼりを見て『僕もほしい』と申し訳なさそうに言ったそうです。

でも、うちにはお金がなかった

母はどうにかして用意してあげたくて、立派な鯉のぼりがたなびく中、スーパーへ行き、お菓子のおまけに付いていた鯉のぼりを飾ってあげたそうです。

と、この話をする母はいつも辛そうなのです。今も遠くを見つめては涙目になる時があります。

みにこ
みにこ
かく言う私も、それを見てうるっとくるのを我慢しています。

クレカはある。お金はない。

父の名誉のためにお話しすると、父は外資系の会社や誰もが知る一部上場企業で働き、比較的多くのお金を稼いでいました。

でも、家計管理の術も資産形成の知識もなかったので、明るく気前の良い父は、稼いだ額以上のお金を魔法のカード(通称クレカ)で支払い、家計はてんやわんや。

『生活費から何から何までクレジットカードで生活をし、毎月出る赤字はボーナスで補う』そんな生活だったようです。つまり、

クレジットカードは切れるが、手元に現金がない

みにこ
みにこ
THE★自転車操業ですね。それでも私たち兄弟は大きな不自由なく過ごさせていただきました。両親には感謝してもしきれません。

しかし、欲を言えば、お金の不安でストレスを抱え、子どもに見えないようにこっそり泣く母は見たくなかった。

お金を使いたくなくても、現金払いの安い八百屋さんへは行けなかった

同じマンションのママ友に誘われた数百円のランチも断らざるを得なかった

パートに出るも、稼いだお金は全て赤字補填となっていた

などなど・・・

当時の家計簿を見ると、その苦労とクレジットカードの支払い金額(主に付き合いの飲み代。そう言う時代だったようです)に驚かされます。

そして、そうです。家計簿をつけていたのに、長らく赤字だったのです。

家計簿をつけても赤字

母は細かい家計簿をきちんとつけていました。しかし、赤字を解消することは容易ではなかったのです。

家計簿をつけていても

 例えば夫婦で足並みが揃っていなかったら、貯まるものも貯まらない

例えば正しい金融商品の選び方を知らなかったら、大損するかもしれない

のです。

家計簿はあくまでも家計管理のツールでしかないと言うことがわかります。

みにこ
みにこ
あの頃の父母には、家計簿だけでは足りなかったわけですね

お金の勉強をさせていただいた

では、あの頃の父母に何が必要だったのかと言うと、それは『家計管理と資産形成の知識』。もっと言うと、『それらお金の知識を教えてくれる人』でした。

そんな中、『涙を押し殺して泣く母を見たくない』

この想いだけで、私は気づけばかなりお金の勉強をしていました。

そして運よく大学では金融工学を専攻でき、銀行では資産運用の部署でこんなモニター↓に囲まれてながら数式やアルゴリズムを横目に眺めつつ働かせていただくことができました。

chart

その後の経歴や資格などは運営者情報に載せていますが、大学でもいずれの会社でも、良い教授・良い上司・良い同僚・良い部下に恵まれ、とても良い環境でお金の勉強をさせていただけたのです。

みにこ
みにこ
もちろん自分でもお金についての勉強は怠っていません。その点に関してだけが取り柄です。

そして得た知識たち

結婚・出産を機に仕事を休んだタイミングで、インスタグラムに得た知識を投稿してみました。すると思いの外反響をいただき、そして、あの頃の父母のような状態の方にDMでご相談いただいたのです。

可能な範囲でご相談にお答えすると、菓子折りを送っていただくほど感謝していただきました。そして思ったのです。

『私が学んできたことは、少しばかり役に立つかもしれない』と。

その後もインスタグラムで投稿を続けると、『お礼を払わせてください』『お金を払うから相談させてください』『有料でいいからセミナーを開催してください』『お礼を送らせてください』などなどのお声をDMやコメントなどでいただくようになりました。

みにこ
みにこ
こちらこそ、こんなお声掛けをいただきありがたい限りです

ただ、インスタグラムでいただくご相談にお答えしていると、1件あたり最低でも2時間はかかり、全てにお答えすることが出来なくなってしまいました。

なので、相談にのる中で『よくあるご質問やご相談』の概要は記事化することにしたのです。それがこのサイトになります。

家計管理をして人生を楽しみたい方へ

人生を楽しむ上で、お金は使うに越したことはありません。しかし、今を楽しみすぎてお金を使い果たし、後々に後悔することを避けたいのはみなさん同じだと思います。

なので、少しで良いので家計管理に時間を使ってみてはいかがでしょうか。

『少し』と言うのがポイントです。家計管理に時間をかける必要はありません。月30分で良いのです。

それで子どもの人生や自分の老後の生活が大きく変わるかもしれません。

是非、家計管理と資産形成をして人生をより豊かにしていきましょう!

みにお
みにお
やっぱりちょっと大げさだし臭かったけど、教育資金とか老後のこととか考えて、読んでみようかな!
みにこ
みにこ
ありがとうございます。それでは具体的な話に移ります。少しでも学び?のようなものがあれば幸いです。

次の記事はこちら↓
『貯める』『続く』ための3つの考え方

ABOUT ME
miniko
Instagramフォロワー5万人・アルゴリズムを用いた為替取引を行っていた元為替ディーラー銀行員です。 ■元為替ディーラー(銀行員) ■元アセマネ(リスク管理部門) ■証券アナリスト1次(2次は取ってません) ■FP ■金融工学専攻 ■デリバティブ開発 ■アプリ開発 ■0歳児ママ 「本当に役に立つ金融教育」「投資信託」の普及に力を入れています。
error: Content is protected !!