iDeCo

金融庁の勧める王道の投資方法とは?

investking

そもそもなぜ投資が必要?

「資産形成」には貯蓄投資、2つの方法があります。

このうち、貯蓄の重要性は皆様もご存知の通りですね。

では投資はどうでしょう?

投資の重要性を語る材料の一つに、年金の問題が挙げられます。

年金制度が破綻することはないかもしれませんが、今の資産形成層がもらえる公的年金の額は減っていることが考えられるからです。

つまり、公的年金がGPIFによって運用されているように、個々人も自助努力で老後資金を確保(投資)していく必要があると言うこと。

 

二つ目は、インフレリスクが挙げられます。

物の値段が上がってしまうリスクのことです。

10年かけて100万円貯めても、10年後の世界では100万円でキャベツぐらいしか買えなかったら貯蓄は意味をなしませんね。

ちなみに、日銀はインフレ率2%を目標に金融政策をしています。

仮に、本当に毎年2%上昇するとしたら、今1万円で買えるものは10年後に1万2千円程払わないと買えない計算になります。

このインフレ対策のために、価格の変動する資産をもっておく=投資をする必要があるのです。

 

一般的に、すぐ必要になるお金(生活資金など)は貯蓄

すぐ必要にならないお金(教育資金や老後資金)は投資

で資産形成することが勧められます。

POINT

年金問題インフレリスクなどに備えるべく投資をすべし

生活資金などは貯蓄で、教育資金老後資金は投資で資産形成をすべし

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も!



金融庁推しの投資とは?

結論から言うと、長期・積立・分散投資です。

さらに言うと、投資成果は再投資し、複利効果を狙うべきとしています。

リスクを減らす投資手法

=長期・積立・分散投資のこと。

このメリットは何かというと、何と言ってもリスク軽減効果があることです。

“分散”には大きく分けて3つの種類があります。

資産を分散させる

「株」「債券」「不動産」など異なる値動きをする資産を組み合わせて投資をすること。

ある資産が値下がりしても、他の資産の値上がりでカバーができます。

地域を分散させる

「新興国」「先進国」「アメリカ」「国内」など様々な地域の資産を組み合わせて投資をすること。

ある地域の資産が値下がりしても、他の地域の資産の値上がりでカバーができます。

時間を分散させる

積立投資をし、投資タイミングを分散させることで、ドルコスト平均法のメリットを最大限享受すること。

ドルコスト平均法の威力についてはこちらの記事も↓

リターンを最大限伸ばす手法

=投資成果を再投資すること

このメリットは、複利の効果を得られることです。

 

■元本100万円をリターン10%で再投資なしの投資(単利)をした場合

simple interest

■元本100万円をリターン10%で再投資あり投資(複利)をした場合

Compound interest

再投資なしだと100万円が200万円

再投資ありだと100万円が259万円

この59万円の差複利効果というわけです。

元本期間リターンによってはその差はさらに大きくなります。


結局、初心者はどうすればいい?

つみたてNISAやiDeCoなどの口座を開き、投資信託を購入すればいい。

そもそもつみたてNISAiDeCoは、投資を勧めるために国が始めたお得な制度

利用しないのはもったいないです。

また、投資信託とは、プロに運用を任せる商品。

金融知識に自信のない方に向いている商品です。

さらに言うと、つみたてNISA口座で購入できる投資信託は、金融庁お墨付きの積立投資に向いた投資信託

手数料が安かったり、投資対象がバランスよく分散されていたり・・そんな商品が集まっています

すでにつみたてNISAは利用者が50万人、iDeCoは100万人を超えています。

乗り遅れる前に、賢く資産形成を始めましょう。

 

ABOUT ME
miniko
✎︎元為替ディーラー(銀行員) ✎︎元運用会社(リスク管理部門) ✎︎証券アナリスト1次(2次は取ってません?) ✎︎ FP 生まれてくる娘のため、賢い金融との関わり方を模索中です。